東郷青児 東郷青児

Introduction東郷青児
Seiji Togo

東郷青児は、鹿児島に生まれ、
東京を拠点に二科会で活動した洋画家。

19歳で描いた≪パラソルさせる女≫(1916年)は、初出品にして
二科賞を受賞し、日本美術界で最初期の前衛絵画とみなされている。

24歳から7年にわたるフランス滞在では、ピカソから
独自のスタイルを貫く姿勢を学び、西洋絵画の伝統技法を研究するほか、
仕事を通じて装飾やデザインも習得。

帰国後はモダンな女性の新しい理想像を生み出し、
壁画や挿絵などに多彩な仕事を残している。

and more

Movie

※動画をクリックいただくと拡大表示になり、ナレーションもお聞きになれます